Top Introduction Profile Biography
Blog Music Discography Links

このページについて

・当HPはTO-MAXによるオリジナルの音楽配信を中心とし、またCDや他レーベルへの
参加情報などもお伝えしていきます。

・TO-MAXの楽曲は Youtube や SoundCloud 等のストリーミングにて配信しております。
また、リリースした各 CD のページにて収録楽曲を試聴することが出来ます。
これらの楽曲は、予告無く入れ替えを行うことがあります。

・当HPで使用されている文章・画像 (HP素材を除く) 及び楽曲の著作権はTO-MAXが
保持しています。
個人的な使用を超える複製・二次配布などの行為を禁止します。

・当HPを閲覧したことによる損害等について、TO-MAXは一切の責任を追わないものとします。

・TO-MAXの楽曲を作品等に使用されたい場合はメールにてお問い合わせください。

・連絡先
 to-max_boundless@hotmail.co.jp
お手数ですが@を半角にして、アドレスをコピー&ペーストしてお送りください。

What is "TO-MAX"?

1998年、地元石川県金沢市、学生時代に知り合ったDANとyosuke(MATE SYSTEM)が
某ドーナツ屋でなし崩し的に結成。
当時はMATE SYSTEMが製作するゲームの音楽を担当する、いわゆるお抱え的な存在だった。
その後独立し、現在は他のサークルのゲームやCDなどにも積極的に曲提供を行っている。

楽曲コンセプトとしてはテクノ・ダンスミュージックを中心に、しかしジャンルに囚われない様々な
手法を日々研究・挑戦している。

約10年の活動期間を経て、以下のプロジェクト、ユニットにも活動が派生していく。

・boundless project (#1 〜 #6)

2006年1月にリリースした「boundless」を基点とし、発足したプロジェクト。
明確なコンセプトを1つ以上定めたテクノコンピレーションアルバムをリリースするのが
現在のメインの活動であり、2011年6月にはメンバーによる「boundless beat」というライブも行う。

DANがプロジェクトの立案と統括を行うものの、原則的には固定メンバーは存在せず、
プロジェクト毎に都度メンバーの招集と解散を行う。

・Futamawari

音楽仲間として深く親交させて頂いているKAiTOP氏とライブ用に向けて組んだユニット。
ユニット名の由来は、「2人の年齢差が丁度ふたまわり離れていたから」。
しかしながらその年齢差をアドバンテージとし、様々なテクノを演出していく。

2004年7月のKANADE主催ライブにて初出演、その後京都を中心に定期的にライブ活動を行い
BPM150以上のハードなサウンドと、レーザーによるパフォーマンスで観客を刺激する。
「京都でテクノライブどすえ」は、KAiTOP氏がオーガナイズを行う中心的なイベントである。

・DisnaD

SUNRISE FACTORY のメインメンバーでバンド畑出身のSID氏との合作用名義、
boundless project 内にて結成。
制作手法・ジャンルを固定せず、テクノに限らない様々なトラックを手がけるが、
根底としてキャッチーでポップな要素を持つ曲調をメインコンセプトとする。

2008年10月に、3人のボーカリストをプロデュースした初のボーカルアルバムとなる
「Sign of Respect」のリリースを行い、 その後計4枚のボーカルアルバムをリリースしている。